メニュー

ぱあとなあみえ
権利擁護センターぱあとなあみえのご紹介

権利擁護センターぱあとなあみえ

ぱあとなあみえとは

一般社団法人 三重県社会福祉士会権利擁護センター「ぱあとなあみえ」は、社会福祉の援助を必要とする人々の生活と権利を擁護するため、成年後見制度等の権利擁護に関する事業を行っています。

ぱあとなあみえ要項・規約

規則第8号ぱあとなあみえ運営要綱.pdf
規定第21号ぱあとなあみえ名簿登録規定.pdf

注意!! 名簿登録規程が改正になり、2015年度から
①「成年後見名簿登録研修」
②「成年後見継続研修」
③「成年後見事例検討会」
④「成年後見人材育成研修」の聴講
⑤他にぱあとなあみえ運営委員会が認める
研修等のいずれか1つ以上参加していることが登録条件になっています。現在受任していない方も同じです。

規定22号ぱあとなあみえ運営委員選任規定.pdf

ぱあとなあみえ通信等

ぱあとなあみえ通信 ⇒

ぱあとなあみえからのおたより ⇒2021年7 月おたより

ぱあとなあみえからのお知らせ ⇒2022年11月のお知らせ(研修案内)

『新型コロナウィルスワクチン接種における後見人等の役割について』

        ☟

ニュースレター第29号(コロナ関連記事の掲載)

210324成年被後見人等に対する新型コロナ予防接種を実施するに当たっての留意事項について

2021年度の研修案内と報告について

【研修案内】   

  2022年度のぱあとなあみえの予定表です⇒2022年度ぱあとなあみえの予定一覧

①成年後見継続研修 ⇒2022年6月11日の継続研修はオンライン研修 ⇒2022年度成年後見継続研修チラシ6月11日

②成年後見事例検討会 ⇒成年後見事例検討会チラシ&申込書(令和4年度)

 事例検討会の発表者の募集案内 ⇒成年後見事例検討会の事例の募集(令和4年度)

③成年後見個別懇談会 ⇒個別懇談会チラシ(会員用)2022年度

④成年後見人材育成研修 ⇒カリキュラムカリキュラム講師名簿・時間入り(2022年度)

⑤名簿登録研修  2022年12月17日(土)9:30~17:00 三重県社会福祉会館 3階⇒2022年度名簿登録研修募集案内と申込書 

⑥成年後見申立支援研修 ⇒2022年度申立支援研修のチラシ&申込書

⑦親族後見人研修 ⇒ 親族支援研修(案内チラシ・申込書)新

 その他、基金事業の研修など場所や時間が確定しましたらお知らせいたします。

【定期報告】

「ぱあとなあみえからのお知らせ」の順番になっております。必要なものをダウンロードして下さい。

1.名簿登録内容確認書 ⇒ 2022年8月 名簿登録内容確認書

2.8月の個別報告書(みえ様式)1-1, 1-3 ⇒ 2022年8月(みえ様式)個別報告

  未成年後見人の報告書 ⇒★未成年後見報告様式

  2022年8月31日までに事務局へ郵送してくださいますようにお願いします。

3.成年後見事例検討会 ⇒ 成年後見事例検討会チラシ&申込書(令和4年7月)

  成年後見個別懇談会 ⇒  個別懇談会チラシ&申込書(2022年7月) 

  成年後見人材育成研修の聴講 ⇒ 聴講案内会員用(2022 )

4.家庭裁判所の報告書を提出された後に「ぱあとなあみえ」の事務局にも

  新規と終了の報告書の提出をお願いします。

  終了の報告書個別報告書 1-1,1-3 ⇒★終了報告書・(三重県)

  新規報告書1-1,1-2,1-3 ⇒★新規報告書・(三重県)

  

 

家庭裁判所に1年に1回は提出する報告書の書式が統一されましたのでデータをご活用下さい。

津家庭裁判所からのお知らせ

*1年に1回は定期報告書の提出を お願いします。
*2021年4月1日で家事主要事件受付一覧表が新しくなりましたので添付します。ご参照ください。

【R2.4.1配布版】家事主要事件受付一覧表

家庭裁判所に提出する書類

家庭裁判所への報告の方法が変更になりました。今回の改正は、主に親族後見人に対するものだとのことで、専門職である社会福祉士にとっては、既に実施いただいている事柄がより簡素化されたものとなっています。家庭裁判所からの文書の全文と変更点は次のとおりです。
家庭裁判所からの文書⇒後見監督の運用の見直しについて(津家裁).pdf

変更点
① 報告書提出の時期
   従前 前回報告から1年  変更後 審判の日から1年

② 報告書の様式
   新様式は次のとおりです。
   ⇒別紙1-1 後見事務報告書.doc
    別紙1-2 財産目録.xlsx  別紙1-2 財産目録.pdf
(なお、財産目録については、従前の様式とほぼ変更はありませんので、すでに使用している様式で提出しても構わないとのことです。)

③ 添付書類の簡略化 
   変更がなければ年金証書、保険証書のコピーを毎回つける必要はなくなりました。
   変更がなければ、不動産の評価額を示す資料の添付は不要になりました。
   本人収支表は、定期報告では不要となりました。

後見報酬申立書.doc 変更ありません

Copyright (C) 2018 mie-csw general incorporated association. All Rights Reserved.

ページの先頭へ